解体の基礎知識

廃船

船舶解体とは、船舶をスクラップや再利用できる部品などに解体することをいいます。古くなった船や壊れてしまい使えなくなった船を処分するため、あるいは維持できなくなり処分せざるを得なくなった船に対して行うのが一般的です。船を処分する際には、再利用が可能な部品や時計などの設備などはあらかじめ取り外し、転売・再利用されます。船舶解体にはガスバーナーなどで切れ目を入れ、鎖をウインチなどで引っ張り、引きちぎるような方法で切断します。そのため、船舶解体には特殊な技術が必要であり、船が大型になればなるほど大きな危険が伴います。そのため、どの解体業者でも請け負えるということはなく船舶解体をお願いできる業者が見つからないということもあります。

需要が増えてきている理由

漁船

船舶解体の需要は2020年、新型コロナウイルスの影響下で増えてきています。理由は世界中のクルーズ客船が稼働しないまま維持費だけが掛かるという厳しい状況に置かれており、各企業は所有する船舶の中でも古い部類に含まれる複数隻を「老朽船」として廃棄処分にすることを余儀なくされたからです。そのため、解体現場にも大きな変化をもたらしております。クルーズ船などの解体では船体の材だけではなく暖房機器や良質な調度品なども備えられており、これらには買い手が付くため、解体業者はそれだけでも大きな利益が入ります。そういった理由などもあり、船舶解体は人気な状況となっています。大型船などの船舶解体ができる技術を持ち、引き受けることができる企業は重宝されるでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

TOPテキストリンク1

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク1

TOPテキストリンク2

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク2

TOPテキストリンク3

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク3

TOPテキストリンク4

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク4

TOPテキストリンク5

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク5

長方形バナー1

長方形バナー3